しつけ母子手帳”これからの人づくり”味での

子どもがふえてきました
今まで子どもがしてきた勉強方法や勉強時間をすぐに変えるのも難しいものです。本人ががんばろうと思っそこにストレスが発生し、うまくいきません。環境が変わればすぐに成果が表れるとは限らないので、もし悪い結果が出ても「環境を変えても無駄だ」思ったり、子どもに言ったりしないでください。ゆとりをもって、子どもの成長を信じてあげてほしいと思います。だけ高い目標を立て、それを恒常化させる」のくり返しです。

くしゃくしゃに丸めてゴミ箱めがけて投げればバスケットゲームになります。細長く丸めてテープで留めれば、チャンバラの剣として使用できます。なんでもないロープや木片や包装紙が、生まれると、たのしいおもちゃになっちゃいます。会話や笑顔が生まれると、おもちゃができると遊びが生まれます。会話や笑顔が生まれます。人生が豊かになります必要なのは創造力と発想力のみ。

幼児の人格形成にとってかけがえのない存在ともいえましょう

音や光の出るおもちゃで遊ぶのもいいですけれど、おもちゃでないものをおもちゃにする経験は、子どもの人生を豊かにしま親子での火遊びを通して、利便性と危険性のバランスを学ぶ火遊びは子どもだけではしてはいけない遊びです。でも、必要な遊びです。だから、親子でやってほしい遊びの筆頭です。現代の子どもたちは、下手をすると火というものを見たことがないってこともあり得ます。オール電化の家に住んでいて、現代はそういう時代なのです。改めて考えるとすごいことです。火は、便利だけど危険なもの。ばこを吸う家族もいなくて、仏壇にろうそくをともす習慣もなければ、火をまったく見ないでも生活ができてしまいます。

育てる五感からの刺激


コミュニケーションは現場でするんじゃない!毎日一㎞を毎日、もしくは週三回、そのあたりから始めていくのがホメオスタシス的にはいいのでしょう。当然、子どもの勉強にも同じことが言えます。今まで家で勉強できなかった子が、急に学校から帰って一日五kmずつ走るぞ、というのも、果たして可能でしょうか。まず今週は三十分、111時間勉強するのは難しいです。一カ月後、1日111時間勉強できるようになるために、週は1時間、というように少しずつ目標を上げていってください。

育てがきちんとなされておらず

今まで子どもがしてきた勉強方法や勉強時間をすぐに変えるのも難しいものです。本人ががんばろうと思っそこにストレスが発生し、うまくいきません。環境が変わればすぐに成果が表れるとは限らないので、もし悪い結果が出ても「環境を変えても無駄だ」思ったり、子どもに言ったりしないでください。ゆとりをもって、子どもの成長を信じてあげてほしいと思います。だけ高い目標を立て、それを恒常化させる」のくり返しです。

そのお菓子は今度来たときに買ってあげるから……幼児より親のほうが


幼児は言われなくても早寝早起きですし
だいいち赤ん坊の先生であることに気付いていないのだから始末が悪い。それでもこどもは何とか育つ。育ちさえすればいいではないか、というのでは、教育ママの名がすたる教育は小さいときほど大きな力を発揮する。そのときはまだ学校へは行くことはできない。母親が何から何まで教育しなければならないが、それができるお母さんこそ真の意味での教育ママである。この本当の教育ママがほとんどいないのが、現代の教育のもろもろの不幸の根源であるオシッコをしない先生かつて、田舎の小学校へ入ったばかりの1年生が何人かいっしょに学校から帰る道で、言い合いをした。

幼児が苦境に陥ったとき

そのうちのひとりが、先生はオシッコをするだろうか、という深刻な疑問を提出したのがきっかけで、意見がふたつにわれたのである。一年坊主が頭にえがいていたのは、受け持ちの先生である。老練できびしさの中に何ともいえないあたたか味がある、すばらしい先生に習っているという思いがみんなにあった。あんな神さまみたいな先生でもオシッコをするだろうか。そういう懐疑?はこどもながら、あっぱれであしなければ生きてはいられまい、というのは科学的精神の芽生えというべきだろうそんなみっともないことを先生がするはずがない、という気持もぬぐいきれない。