子どもの生活リズム向上プロジェクト全国的な普及啓発活動や先進的な実践活動などの調査や研究を行っています東京都

OU(チェック)確認定期的にチェックしてあげてください。その時も仲間であるというスタンスが大切です。計画通りにできなかったとしても、決して怒ったりせず、まずはできたところを認めて、ほめてあげてください。できなかったところについては、どうすればできたのか、そもそも計画に無理があったのか、一緒に考えてあげてください。本人に質問するのもいいと思います。

親から放任されていた子どもは

子どもの口から嘘や言い訳が出たとしたら、それは計画が親の都合になっているからです。親が反省して本人のための計画になるようにしてあげてください。このPDC法を回し続けることが、まく距離を保ってあげてください。子どもの自立につながります。やがては子ども一人でできるように、勉強に対してをつけよう小学六年生になってわり算の筆算ができない子どもに「こんなこともできなくてどうするの!!」嫌がる子どもにつきっきりで指導し、なんとかわり算の筆算ができるようになりました。とお母さん。わり算の筆算に限らず、こういった光景はよくあると思います。

 

子どもが使うものの置き場所を決めましょうといっても本

幼児は自分は悪くないと自己主張をするでしょうし

でも自分でも自分を持て余して、る気持ちを、おおらかな気持ちで受け止めてあげてください。もやもやしながら寂しがってい馬鹿にする例rなんでこんなこともできないの」これは親御さんたちが子どもに勉強を教える時に言ってしまいがちな言葉です。子どもたちはよく言います。そう言ったお母さんも子ど「家でお母さんに聞いたらこんなこともできないのって言われた」もさんと同じ年頃の時にはできていなかったのではないでしょうか。ほとんどの大人がそうだと思うのですけれども、かつての自分ができていなかったことなど忘れてしまうのですね(笑)。これを機会に思い出してみてください。

子どもが自分でやり終えるまで見守りとにかく、頭ごなしに「こんなこともできないの」なんて言われたら身も蓋もありません。子どもがやる気を失うだけで、親の心配などは伝わりません例「そんな勉強時間で成績が上がったらラクよね」前述しましたが、自分のイライラを解消するために叱るのは、本来の「叱る」とは違います。「叱る」とは相手を思い、良い方向に導くために行うことです。こうした皮肉を言ってしまうのは感情をぶつけているといぅことで、これは「怒る」にあたります。こんな言い方をされれば、大人でもやる気をなくしますし、他人なら大嫌いになりますよね。
教育にはきびしい目を向けているようだが
教育にはきびしい目を向けているようだが

子供のギモンにわかりやすく答えるには

学校へ行ってはいるが勉強する気のない子どもはほとんどは中学二年の間くらいです。できるようになります。ただ、いちいち正そうとせず、ある程度は聞き流しその後は少し大人になった子どもと落ち着いて話がなかには親の話にまったく反応しない子もいますが、無視しているようで実はちゃんと聞いています。「学校はどう?」とあいまいな質問をされても、「そんなことオヤジに言ってもしょうがないし」「オカンとしゃべるのも面倒くさいし」というのがこの時期の子どもの気持ちです。だから「別に」「ふつー」と、大人にすれば答えになっていない答えしか返ってきません。親御さん自身にも心当たりがあるのではないでしょうかそれでも対話をしたいと思うのであれば、かけてください。

幼児のことを放り出していたのでは

質問の仕方を変え、しかもその子が興味を示すような話題をもちぼくはその子がもっているものを見て、たとえばアイドルグループの下敷きをもっていたら「お、00じゃない」「どの子が好きなの?」「オレはこっちのほうがかっこいいと思うなあ」と話しかけます。会話がある程度続いた頃に、「学校の友だちにも人気あるの?」と徐々に距離を縮めていきます。子どもの側も「面倒くさい」という気持ちがありつつ、一切しゃべりたくないわけでもありません。ふと親と話をしてみたくなった時、親のほうが「この子はしゃべらない」と決めつけ、話を聞こうという姿勢をなくしてしまっていたら、その子はもう親に話しかけようがなくなってしまいます常に親として「いつでも話をすですからどんなに子どもが不機嫌で、会話を拒否しているように見えても、るよ」という態度を見せてあげてください。特にあいさつは大事です。口数の少ない時でも「おはよう」と決まった言葉は口にしやすいものです。子供の目にはたちまちそれが地球の内部に見えてきます