幼児にさせるかということです

犯罪者は、たいてい子どもを移動させようとするので、車はもちろん、徒歩でもついて行ってはいけない、と言い聞かせてほしいのです。たとえ本当に困っている人でも、「一緒に来て」と言われたときは、「ママについて行ってはダメと言われてるから」と断るよう、しっかりと話してください。親の知らない人を子どもは「いい人だよ」と言うけれど…スーパーで、子どもが見知らぬ人のところにかけ寄り、あいさつしていました。「知らない人と何を話したの?」との交流が心配です。と聞いたら、「知ってる人だし、いいおじさんだよ」公園でよく会う人のようですが、親の知らない人(7才·女の子)r知らない人」ママ以外の人」と、わかりやすく言いかえましょう「知らない人について行かない」という約束は、子どもの連れ去りを防ぐ基本ルール。

育てることに主眼がおかれるべきです

でも、「知らない人」の判断基準は、大人と子どもで違っていることがあるので、要注意です。子どもは、一回でも見たり話したりしたことがある人は、「知らない人」ではないと思うことがあるからです。子どもが「知っている人」でも、親が知らない人は安心な人とは言いきれませんね。そういうときは、「パパやママ以外の人にはついて行かない」というように、わかりやすく言いかえて、子どもに伝えましょう。また、子どもには自分の身を守るための「パーソナルスペース」を教えておくことも大切です。

生れたばかりの赤ん坊を見てもこれを育てる
生れたばかりの赤ん坊を見てもこれを育てる

しつけと入力し変換すると

たくさんの遊びに触れた子どもほど脳は高性能になっていくのです。子どもは自分の脳の鍛え方を知っている「今、脳のこういう機能を鍛えなきゃいけない時期だから、こんな遊びをしなさい!」と、子どもの本能が子ども自身に命令していると考えるとわかりやすいでしょう。「子どもの脳には、発達の各段階において、自分の健全な発育に必要なトレーニングを見出し、自分に課す、『自己開発プログラム』があらかじめインストールされている」と言う先生もいます。そのときそのときで、自分に必要なアクティビティをこなすために、「これをやると楽しい」という感覚が生じ、それが遊びとなり、実際にそれをすることで脳が鍛えられるという巧妙な仕掛けがあるのですそして必要な時期を過ぎると、とたんにその遊びについての興味を失います。楽しくなくなるのです。その遊びを卒業し、次のステージに上がるのです。

幼児ですから何かに気をとられてあいさつを忘れちゃうことはあるでしょうでもそこで親が

だから、子どもが夢中で興じる遊びの大半は、成長が止まってしまった大人にとってはどれも退屈なものに見えるのです。自分の能力を伸ばす方法を子どもは本能的に知っています。だから、全知全能であるはずもない親が、「これしなさい、あれしなさい」と命令するよりも、子ども自身の本能に従ってんでいる」子どもの能力を最大限に引き出す上では有効だろうと思います。今の子どもには「サンマ」が足りない!しかし、今の子どもには「サンマ」が足りないと言われます。rサンマ」とはr三つの間」。遊ぶための「時間」「空間」「仲間」最近の子どもたちの運動能力が低いのは、幼い時期からの「遊び」が足りないためと言われています。

幼児が増加していたのです

程度の差こそあるがそして、親に見守られている実感を持って育った子どもは、素直に親に感謝のできる人になるだろう。そして、周囲の人間に対してもだ。どちらの方が幸せをより感じて生きていけるだろうか?どれだけ能力があっても、自分が安心をして生きていなければしんどいだけだ。ネガティブな話を並べてしまったが、子どもに必要なのは見守られているという安心感だ。それがあるから、子どもは様々なことにチャレンジして、自分の世界を広げていける。

教育にはなりません
教育にはなりません

幼児たちを

そして、自分以外の存在を信頼することができるようになっていく。親の愛情を知らない子どもは、他人を信頼できないものだ。それはここに書いてきたことで分かるだろう。では、その見守るというのはどうすることだ?例えば、公園で遊ぶときに、スマホを触っていたり、ママ友と会話に夢中になっているようなことはしないで、子どもが何をして遊んでいるのかを見続けることだ。そうやって、親が自分を見ていることを確かめている。