ホーム / 婚活 / 結婚相手が花嫁のだんだんと震えるような声に耳を傾け

結婚相手が花嫁のだんだんと震えるような声に耳を傾け

結婚相手が入ってくるのを見て

そして実際にそのような表情で彼女を見てみろ!彼女はどういう意味ですか?こんにちは、彼女は彼女をかわいそうにするためにどんな資格が必要ですか。それは哀れなはずです、彼女は彼女自身です!
「まあ、あなたは騒々しいですか、そしてうるさいですか、あなたは問題を解決することができますか?」

その結果、大和と女は喧嘩をしていると言い始め、湊の頭は少し痛みを感じ始めました。彼はこの問題、彼は完璧に処理されなければならない、責任を負う、間違いなく食べて歩いてはいけないことは非常に明らかです!そして、湊のこの文は明らかにそれほど友好的ではありません、基本的には大和にも言われます!これは女の露骨な非難です、彼はまだ勇気がありません!湊の態度を見て、大和の心も少し緊張している、黄ヤンの戦いのようなものがなければ、彼女は湊と女の間の修辞法でそれらを脅かすことができますが、今、物事はそれほど単純ではありません。湊は脅威に弱い人ではありません。
さらに、彼女の口の中で言及された湊と女の関係は単純ではない、それは彼女の推測だけであり、たとえ彼女が全社的な同僚の前でこれを言ったとしても、それは最高であるゴシップとゴシップだが、彼女を支持する証拠はない今、彼女は結婚相手の寧を怒らせているように思われるので、これがi悠人が故意に彼女を狙っているものであるならば、彼女は彼女に何の利益も与えない。ああ!

結婚相手が花嫁のだんだんと震えるような声に耳を傾け

「おお、私は正しくないと言ったばかりだが、このこと、あなたはいつも公にそれを取り扱わなければならない!あなたは心を持っている人々に罰を与えさせてはならない!」
大和は彼が話したように言って、そして女を見ました、彼女の口に心を持っていた人は一目でいた人を指摘しました。女は大和が彼女を見て見た、彼女の唇が丸まった、この女性、本当に人々が彼女を好転させる理由!また公平に扱われて、彼女は本当に湊の治療について心配しないで、彼女が彼女が公にするすべてのことを彼女に与えるでしょう!

「ええ、ちょっと、このこと、あなたは公平でなければなりません!あなたは気を配っている人々を罰を免れてはいけません!」
このように考えて、女も結婚相手のに目を向け、大和と同じだと言っています。大和は、女が彼女の言葉、この女性を学ぶことを期待していなかった、なんてそんなに恥知らずなのか!もし女が現時点で大和の考えを知っていれば、彼は間違いなく叫ぶでしょう、そして恥知らずな人はあなた自身のはずです!
「ねえ、私は無錫の前でその計画を見せています。盗作や盗作があっても、その人は私にはならないでしょう!」

 

結婚式きっとあなたは来るでしょう!

そうでなければ、彼は女が舞台に上がる準備ができる直前に女を待っていたでしょう。ほとんどの場合、人々は先入観を持っています。誰もが念頭に置いて彼女の計画に同意する限り、それは彼女の計画と同様のアプローチを持っている、それは盗作と見なすのは簡単です、それは盗用されています!
大和のそろばんは間違っていません、しかし、彼女は1つのことを誤って計算しました、そして、それは非常に重要なことです!それが彼女の計画と、女がついに出したプログラムの質との違いです。さらに、それは女の計画が大和の計画ほど良くないということではありませんが、大和の計画と女の計画がかなり異なるということではありません、そしてそれはまだ追跡できないギャップです!一般的な計画が非常に良い計画とまとめられるとき、大衆は誰が誰をコピーしていて誰がそれを盗んでいると考えるでしょう!
「ああ、そうだね。あの大和の姉妹、盗作を写した人、どういう意味ですか?」
女は大和を眉をひそめて見ていましたが、彼女は忍耐力がなく、大和を今まで通りに行かせ続けました!

あるいはそれ以降

「ねえ、あなたは自分自身で何をしましたか、あなたはあなた自身の心の中で非常にはっきりしています。」
大和は、女が彼女の言葉を聞くのを恐れていると思った、そして彼女はさらに悪意を持っていた。
「私はよく学ばなかった、それはあなたがコメントする資格がある何かではない!大和がこれを言ったので、それから私は見たいと思う、あなたが次に何を言うことができるか!」
彼が言ったとすぐに、彼は彼自身のディスクの内容を再び開けて、そして彼が昨日の午後に会社で作ったという彼の最初の計画を示しました。

「このプログラムは昨日の午後、会社によって書かれました。それはちょうど時間が遅すぎたことでした。私はそれを家に持ち帰ってから修正するつもりでした。しかし、大和の計画が私の元になる理由はわかりません。この方式の考え方はとても似ています。」


話し合いを終えた後、彼は自分のディスクの内容を再び開き、昨日の午後に会社によって作られた当初の計画を示しました。このプログラムは昨日の午後会社で私が作成したもので、時間が遅すぎたので、家に持ち帰って修正するつもりでしたが、なぜ大和の計画と当初の計画がわからないのです。創造性はそのようなものです!女の発言は大和によって完全に見られました彼女は大和の目をかすかに見ました。

結婚相手はあなたについて緊張してはいけません

大和はそのような視線で見ていて、彼女の心にほのかに浮かんでいたが、たとえ彼女がそれを認めようとしなかったとしてもそれは無用であり、女の目には少し恐怖を感じさせた。実際、大和の心に生まれた恐怖は決して誘発されることはないでしょう。女が動き始めたとき、颯真の目は常に女を見ていました女が開いた当初の計画を見た後、湊の顔は少し醜くなり始めました!会社では、本当にそんなことをすることをあえてする人がいます!彼の新しいゼネラルマネージャーを見張るのは残念です。
女を見上げながら、湊は女が大和の視線を見たことにも気付きました。女の体から出てきた非常に強いガス田は、男よりはるかに小さいですが、明らかに遠く離れています。平日の女の表現が想像できるのは、優しさではありません。案の定、強力な男と仲良くなれる人、どのように柔らかい柿なのか!言うまでもなく、朱族に近い人々は黒に近い、新しい体のガス田の変化は、多かれ少なかれあなたと特定の関係を持っています!大和も彼の頭の中に穴があいていて、そして彼はいつも女のトラブルを探しているでしょう。

結婚後姓の男は愛のグループに入った。

「大和、このこと、どうやってそれを言うの!」
このように考えて、湊は大和の視線を見て非常に深刻になったこの問題はほぼここで開発されるべきであり、誰かがこの問題をうまく解決する時が来た。
「ねえ、私はまだこの質問をしたいのです。私はそれについて書いています。計画は私自身ではっきりと書かれています。なぜ私の計画の最初のドラフトは女にあります。女、私の盗む心は間違っていると言います。最初のドラフトは、あえて私にとっては不潔で不潔であることさえあえてしてください。」

彼女が女が計画の最初のドラフトを取るのを見たとき、大和の心は少し騒がれていました、しかし彼女はそれがどうであれ、彼女がそれを認めることができなかったか、あるいは彼女自身の全経歴を知っていました。終了します!
とにかく、この最初のドラフトに加えて、女は他の証拠を持っていませんでした彼女はこの最初のドラフトが自分で書かれたことを証明できますか?同じ最初のドラフト、彼女もそれを持っていますね。
「それで、あなたはどういう意味ですか、この計画の最初のドラフトはあなたによって書かれたのですか。これは私があなたから盗んだものなのですか?」
女は大和の視線を徐々に少し信じられないほどになったのを見ました。この女性の顔は本当にある程度ある程度太いので、彼女は実際にそれを言うことができます!また、話の終了後、実際にはまだ顔は赤ではなく、呼吸していません!

著者について: