子どもも家庭以外の集団の中で生活するときに

子どもおしゃぶりにしても、少し足りなかったものを補うために必要だからしているのです。指をしゃぶっては母乳を吸うのが足りなかったのを、自分で補おうとしているのです。それが子どもの「存在感」のたしになるからです。大人のペースで、おしゃぶりを止めさせようとするのは、子どものこころを淋しくさせるからよくないことなのですおしゃぶりを禁止するのではなく、親の乳首を吸わせるとおしゃぶりの癖は治るのです。な子どもを抱くと、わがままが治るという事実とまったく同じことです。

幼児が自外の能力を高めるにおいて

わがまま過保護と過干渉とは別のこと今述べたように、過保護の必要な時に過保護にしないから、わがままを言って、いつまでもあまえるのです。あまやかすべき時にあまやかさないから、自立しにくくなるのです。「過保護」とは、自分では何もできない頼りない時期に、真綿にくるむようにして保護することでしょう。過保護にすべき時に十分に過保護にすればその時に愛情本能が刺激されて本能から愛情が引き出されるので、次第に子ども自身の善し悪しの判断力がっいてくるのです。子どもに優しく少しアドバイスすることは必要なことがありますが、ガミガミと言って叱らなくてもわかるようになってきます。

子どもの要求にのみ応じてそれを満たすことは
子どもの要求にのみ応じてそれを満たすことは

子どもの脳への刺激です

「自分は嫌われたんじゃないか?」なんて信じたくないんです。自分の環境が変わって大きな不安を感じ、そしてその不安を払拭したいだから、お兄ちゃん、お姉ちゃんは、確認の為に、お母さんに甘えるのです。それが...わがままであり、イヤイヤであり、お母さんが忙しそうな時ほど、ぐずったり駄々をこねたり、という行動になるんです。「お母さん、私の事、嫌いじゃないよね」「こんな時でも甘えさせくれるよね」と訴えているんですですが、お母さんからすると、生まれたばかりの下の子だけでも手一杯なのに、聞きわけが良かったり、成長したはずのお兄ちゃんお姉ちゃんが駄々をこね出すと「いい加減にしてよ」「もう自發でできるでしょ!」と上のFOttえを拒否してしまします本当は甘えてお母さんの愛情を確かめたかったお兄ちゃんお姉ちゃんは、拒否されたことでさらに不安になり、泣き叫び、さらにお母さんが困る事をするよう:なるんですね。子どもたちの問題の多くはこの「不安」がもたらす事がとても多いのです。

子どもは挑戦への意欲を持ち続けることができるのです

お母さんのイララの下の子が生まれるとなぜ、上の子に問題が生じるか、その理由については大体お分かり頂けたと思います。では、なぜお母さんがイライラしてしまうのか、それについてもお話ししますね。実は、イライラって起きるメカニズムがあるのです。例えば、私たちが車に乗って、どこかに行こうとしていたとします。より具体的なお話しができるように病院に10時に予約をしていたとしましょう。

子どもなりに片づけができたときは

だから、父親に言われたことはすべて正しく、本気で信じていた。その信じてやっていたことや当時の父親の在り方が、今の私を形成する土台となっている。三つ子の魂百までなのだ。ただ、父親がスーパーマンになるには、条件がある。一つに、子どもの知らないことを何でも知っていること一つに、力強さを子どもとの遊びを通して実感させること一つに、何でもできること(家庭内のことやスポーツなど)一つに、嫁に信頼されていることそして、子どもと接している時間は多い方が良い。できるだけ、多くの時間を子どもと過ごして、たくさんの体験を一緒にする。

子どもとの関わり方や思いの伝え方には
子どもとの関わり方や思いの伝え方には

幼児は泣いて自分の要求を叶えてきた経緯があるからですでもそれは

そこで、子どもにできないことをこともなげにやってみせる。子どもが関心を示したものがあれば、それについて語ってみせる。自然な形で、そう言う機会を持つのは少ない時間の中では難しいのだ。仕事ばかりしている父親や、自分の趣味に走ったりして家庭を空けてばかりいる父親はスーパーマンにはなれない。そう言う父親からは、子どもは男とはこうあるべきだと言うことは学べない。