子どもより不慮の事故で亡くなる

幼児の居場所も
幼稚園などの頃に、しっかりとじゃれ合って加減を学ぶと言う事は、自制を学ぶと言う事でもあるのです。最近の虐めは昔と違って、限度を知らない虐めが目立ちます。恐らくその原因は、小学校に入るまでのじゃれ合い不足だと思われるのです。子犬や小猫を育てると、「試し行動」と呼ばれる行動に悩まされる事があります。子犬なら「噛み付き」、小猫なら両手の爪を出しながら抱え込んで噛み付きながら両足の連続猫キック。

その思いを伝えるのに、自介が一番使いやすい「身体性を活用します。それが時として暴力や破壊につながるその証拠に、そのとき決して楽しそうに人を叩いたり、物を壊したりはしていないと思います。自分の好きなものを取られた、あるいは「おはいよ」などと自發の意に反することを劼れたもちろんお母さんからすれば「そんな些細なことで、怒らなくても!」と思うかもしれません。しかし、男の子は気持ちのコントロールが下手くそで、うまく言葉にして伝えることができませなどの状況ではないでしょうか。手っ取り早く自分の思いを、暴力·破壊という形でしか表現することができないのです。

幼児同士のしょうがありません

そうです!男の子は不器用なんです。だから、できるだけストレスがかからないようにしてあげる。その方法(暴力·破壊)以外の伝え方を教えてあげることが必要です。「叩かなくていいよ!いやだったのね。お口で言ってくれたらいいよ!」繰り返し丁寧に伝えていくこと。

幼児の脳に


子どもの中にもやる気のないそれが「加減を覚える」と言う事で、じゃれ合いの中で加減を覚えているのです。子犬同士でも、擬似攻撃をされると本気で怒る子犬もいれば、逃げまくる子犬もいます。擬似攻撃を仕掛けて、本気で怒られると「何で?」と言うような顔をして、どうして良いか分からないような仕草を見せたり、興味の無い振りをして別の遊びを始めて誤魔化そうとしたりするのですが、目は怒った犬を見つめていたりします。子犬も小猫も擬似攻撃をした相手の反応で、様々な事を学習しているのです。つまり、社会力学的に他者との関係の取り方を学んでいるのです。それは人間も同じなのです。

子ども同士のケンカなら

幼稚園などの頃に、しっかりとじゃれ合って加減を学ぶと言う事は、自制を学ぶと言う事でもあるのです。最近の虐めは昔と違って、限度を知らない虐めが目立ちます。恐らくその原因は、小学校に入るまでのじゃれ合い不足だと思われるのです。子犬や小猫を育てると、「試し行動」と呼ばれる行動に悩まされる事があります。子犬なら「噛み付き」、小猫なら両手の爪を出しながら抱え込んで噛み付きながら両足の連続猫キック。

幼児だけでなく


コミュニケーションには時間も根気も必要です
明日には明日の風が吹くさ、くらいに思っている。それでスランプの方が恐縮して退散する。秀才がスランプ恐怖症にかかるのは、学校が立ちどまることを教えず、馬車馬のようにひたすら走るのがよいと思っているからである。それが自然の大理にさからうことすら考えようとしない。考えなくても、適当に休み休みし、人間は、老若男女を問わず、毎日、実際にはちゃんとうまく行っているから、人間、よくしたものである大きく立ちどまっている。

そのお菓子は今度来たときに買ってあげるから……子どもより親のほうが

どんなブルドーザーのような人でも、かならず立ちどまる。毎夜の睡眠である。その睡眠がいかに大切であるかは、ものを食べないでも、られるのに、全然眠らせないと、たちまち死んでしまうことでもわかろうというものだ。かなり長く生き体のためばかりではなく、精神にとっても、睡眠と休息はきわめて重要な意味をもっている。考えなどもどんどん進めるだけが能ではない。本当にすぐれた思想になるのは、しばしば何年も「寝させておいた」考えである。立ちどまった考えが大きく育つ。